Landscape トップページ | < 前の月 2002-11 2002-12 次の月 2003-01 >

Landscape - エンジニアのメモ 2002-12

2007年: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002-12/ 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 18日 19日 20日 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日 31日

2002-12-25 (Wed)

* Postgres でテーブルを csv 出力

この記事の直リンクURL: Permlink | この記事が属するカテゴリ: [Postgres]

テーブルを csv で出力する。psql の機能を使う。

- SQL の結果を出力したいとき

\pset format unaligned -- 出力形式を指定
\pset fieldsep ',' -- フィールドのセパレータにカンマ区切りを指定
\o psql_out.csv --  出力ファイルを指定
ここに SQL を書く

もしくは、シェルから psql のオプションを利用してクエリを送って実行する。
下記の例では指定していないが、カラム名を出力させたくなければ -t オプションを加えれば良い。
$ psql -c 'SELECT user_id, user_name FROM users ORDER BY user_id;' -A -F,

- テーブルをまるごと出力したいとき。

SQL で SELECT * FROM TABLE_NAME をやってもいいけど、以下のようなやり方もある。
COPY system_name TO '/tmp/system_name_tabale.txt' DELIMITERS ',';

- 参考

psql (PostgreSQL) 7.2.1 のヘルプ。
$ psql --help
This is psql, the PostgreSQL interactive terminal.

  psql [options] [dbname [username]]

  -a              Echo all input from script
  -A              Unaligned table output mode (-P format=unaligned)
  -c COMMAND      Run only single command (SQL or internal) and exit
  -d DBNAME      Specify database name to connect to (default: tka)
  -e              Echo commands sent to server
  -E              Display queries that internal commands generate
  -f FILENAME    Execute commands from file, then exit
  -F STRING      Set field separator (default: "|") (-P fieldsep=)
  -h HOSTNAME    Specify database server host (default: local socket)
  -H              HTML table output mode (-P format=html)
  -l              List available databases, then exit
  -n              Disable enhanced command line editing (readline)
  -o FILENAME    Send query results to file (or |pipe)
  -p PORT        Specify database server port (default: 5432)
  -P VAR[=ARG]    Set printing option 'VAR' to 'ARG' (see \pset command)
  -q              Run quietly (no messages, only query output)
  -R STRING      Set record separator (default: newline) (-P recordsep=)
  -s              Single step mode (confirm each query)
  -S              Single line mode (end of line terminates SQL command)
  -t              Print rows only (-P tuples_only)
  -T TEXT        Set HTML table tag attributes (width, border) (-P tableattr=)
  -U NAME        Specify database user name (default: tka)
  -v NAME=VALUE  Set psql variable 'NAME' to 'VALUE'
  -V              Show version information and exit
  -W              Prompt for password (should happen automatically)
  -x              Turn on expanded table output (-P expanded)
  -X              Do not read startup file (~/.psqlrc)

For more information, type "\?" (for internal commands) or "\help"
(for SQL commands) from within psql, or consult the psql section in
the PostgreSQL documentation.

Report bugs to <>.

2002-12-19 (Thu)

* 使用時に SQL 実行結果をカラム名でアクセス

この記事の直リンクURL: Permlink | この記事が属するカテゴリ: [Perl] [Postgres]

- fnumber を使ってカラム名を添字に変換する

print $result->getvalue(0, $result->fnumber('serialnum'));

- 無名ハッシュの配列にマッピングする。

my @sql_result = get_sql_result($result);
print $sql_result[0]->{'ao_cd'};

# SQL の実行結果を結果をハッシュの配列にして返す
sub get_sql_result($) {
  my $result = $_[0];
  my $record_nums = $result->ntuples;
  my $field_nums = $result->nfields;

  my @result_records = ();
  for (my $i = 0; $i < $record_nums; $i++) {
    my $buf = {};
    for (my $j = 0; $j < $field_nums; $j++) {
      my $field_name = $result->fname($j);
      $buf->{"$field_name"} = $result->getvalue($i, $j);
    push(@result_records, $buf);

  return @result_records;

2002-12-13 (Fri)

* 「nか月前の月の1日から」という日時範囲指定 SQL

この記事の直リンクURL: Permlink | この記事が属するカテゴリ: [Postgres]

「nか月前の月の1日から」という日時範囲指定 SQL。Postgres 提供の関数 date_trunc を使う。
# SELECT date_trunc('month', CURRENT_TIMESTAMP + '-2 month');
2002-10-01 00:00:00+09
(1 row)

2002-12-04 (Wed)

* PHP で apache Segmentation fault

この記事の直リンクURL: Permlink | この記事が属するカテゴリ: [PHP] [Apache]

PHP 4.2.1 で正規表現を使ったとき、以下のエラーを出して apache が落ちる。

$ tail -f /var/log/httpd/error_log
[Tue Dec  3 20:58:50 2002] [notice] child pid 6053 exit signal Segmentation fault (11)

正規表現で全角スペースを含む文字列を trim する際にこの問題が出た。
結局、長くなるおそれのある文字列は標準の trim() のみ行う、ということにした。

$base_str = '<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">';
$Zspace = '(?:\xA1\xA1)'; // 全角スペース
$ascii = '[\x00-\x7F]'; # 1バイト EUC-JP文字
$twoBytes = '(?:[\x8E\xA1-\xFE][\xA1-\xFE])'; # 2バイト EUC-JP文字
$threeBytes = '(?:\x8F[\xA1-\xFE][\xA1-\xFE])'; # 3バイト EUC-JP文字
$character = "(?:$ascii|$twoBytes|$threeBytes)"; # EUC-JP文字

$count = 1000;
$str = '';
for ($i = 0; $i < $count; $i++) {
  $str .= $base_str;

// $str が EUC-JP の場合
$str = preg_replace("/^($character*?)(?:\s|$Zspace)+$/", "$1", $str);

print htmlspecialchars($str);

2002-12-03 (Tue)

* n 日前の日付を求める SQL

この記事の直リンクURL: Permlink | この記事が属するカテゴリ: [SQL] [Postgres]

n 日前の日付を求める SQL。

例) 2002年12月3日の7日前を求める。
# SELECT to_date(now() + '-7day', 'YYYY-MM-DD');
(1 row)
00:00:00 になるのか、SELECT した時刻になるのかは、実装依存?
それとも、SQL の規格で決まってるのかな?

すべての記事の見出し (全1029件)
カテゴリごとに記事をまとめ読みできます。記事の表題だけを見たい場合は、すべての記事の見出し (カテゴリ別表示) へ。

2007-04-23 (Mon)
2007-03-07 (Wed)
2007-02-27 (Tue)
2007-01-17 (Wed)
2007-01-15 (Mon)
2007-01-14 (Sun)
2007-01-08 (Mon)
2006-12-01 (Fri)
2006-11-22 (Wed)
2006-11-20 (Mon)
2006-11-19 (Sun)
2006-09-30 (Sat)
2006-08-29 (Tue)
2006-08-04 (Fri)
2006-07-27 (Thu)
2006-07-23 (Sun)
2006-07-17 (Mon)
2006-07-10 (Mon)
2006-07-06 (Thu)
2006-07-03 (Mon)
2006-06-29 (Thu)
2006-06-28 (Wed)
2006-06-27 (Tue)
2006-06-25 (Sun)
2006-06-19 (Mon)
2006-06-18 (Sun)
2006-06-15 (Thu)
2006-06-11 (Sun)
2006-06-01 (Thu)
2006-05-30 (Tue)
斎藤 宏明。エンジニアです。宇都宮市に住んでいます。
Powered by

© 斎藤 宏明 Saito Hiroaki Gmail Address
Landscape - エンジニアのメモ
Landscape はランドスケープと読みます。
ひらがなだと らんどすけーぷ です。